FC2ブログ

目標を定めた!サンティアゴ・デ・コンポステーラへの道

camino.jpg

実は今、介護生活なのです。
今まで自由に生きてきたのですが、夏以降まったく自分の時間がありません。
旅行どころか毎週通っていたピラティスもしばらくお休み。
飲み会も全て泣く泣くお断りして、近所に車で買い物以外電車にも乗っていない状況。
まとまった時間が取れないので大好きな手づくりもせず、
毎日があっという間に過ぎていきます。

そんな中、旅行に行けるようになったらどこに行こうかな?
漠然と考えたりしておりました。
いつかは行こうと思っていたサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼の旅、
そうだ!この準備に介護の合間を使ったら楽しいんじゃないか?

サンティアゴ・デ・コンポステーラはスペインのガリシア地方ににあり、
キリストの使徒ヤコブが祀られる聖堂がある。
そこを目指して世界中から巡礼者が集まり、荷物を背負って約40日を掛けて
歩くフランス人の道からもう少し短い期間で歩く他のルートもいくつかあるという。
____
以下、日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会 のサイトより抜粋

現在、サンティアゴ・デ・コンポステーラを目指す巡礼者は毎年数万人に上る。
その多くは徒歩で、自転車を使う人もいる。少数ながら中世のように馬やロバを
使う人もいる。信仰のためだけでなく、観光やスポーツ、単なる目標達成のために
歩く人もいる。車や鉄道、バスで移動することもできるが、巡礼路は線路や国道に
沿っていない道も多い。また、サンティアゴ・デ・コンポステーラで証明書が
もらえる人は、徒歩で100km以上、自転車で200km以上という条件がある。
なお、巡礼証明書(コンポステラーノ)もしくは、巡礼手帳を持っていれば
サンティアゴ・デ・コンポステーラからの帰りの飛行機及び鉄道料金が割引となる。
ホタテガイは、巡礼のシンボルとなっている。巡礼者は巡礼の証としてホタテガイ
をぶら下げて歩く。また、水筒代わりのひょうたんを持つ。

巡礼路にはホタテガイのマークのある標識が立っている
巡礼者はさまざまな道をたどるが、人気があるのは「フランスの道」である。
出発地としては、フランス側のサン=ジャン=ピエ=ド=ポルとスペイン側
のロンセスバージェスを選ぶ人が多い。伝統的なフランスの町
(ル・ピュイ、アルル、トゥールなど)から出発する人や、さらに遠くから
フランス内の道を目指す人、中世にならって自分の玄関から出発する人もいる。
ピレネー山脈からすべて歩くと780~900kmの距離で、1日平均30km
(早めの人)歩くと約1か月かかる。

スペインと南フランスには、巡礼者に一夜の宿を与える救護施設(albergue
またはrefugio)が点在し、巡礼手帳(credencial)を持つ人は誰でも泊めてくれる。
宿の設備はユースホステルのようなもので、3ユーロから7ユーロ、または寄付のみで
泊まれる。たいていは1泊に限られる。
救護施設に泊まると、巡礼手帳(有料)に公式のスタンプ(無料)が押され、
集めたスタンプが巡礼の証明となる。手帳は救護施設や観光案内所、
教区教会で入手でき、3ユーロ程度。
サンティアゴ・デ・コンポステーラに到着すると、「コンポステーラ」と
呼ばれる証明書(無料)がもらえる。中世のカトリック教会では「コンポステーラ」
は贖宥状の一種であった。
大聖堂では毎日正午に巡礼者のためのミサが開かれ、巡礼者の祖国と出発地が唱えられる。
_______________


随分前に読んだケン・フォレットの「大聖堂」で中世の大聖堂を石工達が
どうやって建てたのかが描かれており、その部分に一番熱狂したのですが、
この中にサンチアゴ・デ・コンポステーラが出てきて、長いこと私の心に
引っかかっていたのです。

そして絶対行こうと思った大きな理由は2年前に急逝したスペイン人の
陶芸の先生マヌエルさんの心はここに祀られているので
その巡礼をしたいのです。

***
行かれた人のブログなどを見ると、お昼すぎには宿に到着して
のんびり過ごし巡礼中に知り合った色々な国の人と飲んだり、
限られた重さでいかに装備を整えるか、など私の大好物の内容では
ないですか!
それにスペインならリーガ・エスパニョーラも観られるし、
19年前に行った時には野ざらしの工事現場だったサグラダ・ファミリア、
工事現場に転がっていたパーツが今聖堂の天井に付いているのを
テレビで見たりすると、この目で見てみたいし。
これは私にピッタリの旅だわ。

しかし、このところ車生活であんまり歩いていないし、
山登りはすごい昔に燕岳から上高地に行った一回だけ。
その時に買ったトレッキングシューズは一度しか履いてないから
加水分解しちゃっただろうな・・・
トレッキングは旅先でするだけ。
約10キロ近い荷物を背負って歩くって、私がいつも旅行に持っていく
バックパックの重さが行きには約9キロくらいだから、
あれ背負って20キロ歩くって想像つかない・・・
近場のトレッキングや散歩をして体作りをしないと。

アウトドアグッズは大好きだけど、持っているのはペツルのヘッドランプとか
ビクトリノックスのナイフとか、チタンのマグカップとかだし、
(ひょうたんの水筒って書いてあったけど、ひょうたんなら沢山持ってるぞ]
ウェアなんて持ってない。

でもこれら必要なものを徐々にに揃えるのは楽しそうだ〜。
旅の便利グッズなら任せて〜。なんなら手づくりしちゃうよ〜。

昔スペイン行った時にはNHKテレビでスペイン語会話を勉強して
行って、スペイン語で道聞いたりしたけれど、
また、勉強しよう。

やることは沢山あるし、いつ行けるかはわからないけれど
こつこつと準備していこうと思います


にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



COMMENT 2

アリー  2014, 10. 14 [Tue] 02:58

No title

おっと、最近MIxiに更新が反映されないので、
すっかり見落とすとこでしたぞ!
面白そうな旅程だね。今は優れもののトレッキングアイテムが
沢山あるから、上手に使うといいよ!
山タイツ!これがあるともう全然違う。10時間歩いても平気。
バルサがリーガから抜けないといいねー、
ってか、こんなドル箱、手放すわけないか。

Edit | Reply | 

a92  2014, 10. 16 [Thu] 16:51

お久しぶり

そうか!カタルーニャが独立するとリーガ・エスパニョーラでなくなるのか!

Edit | Reply |