S__9519107.jpg


昨年のバンコク旅行から使い始めたEvernoteですが、仕事にはなんの活用も
していませんが、旅行には大活用です。

今回も航空券のe-ticketの保存タイ国鉄乗車券の保存、ホテルの予約票の保存、
18年ぶりにハノイに寄るので最近の空港から旧市街までの行き方が載っている
サイトの保存、
ショッピング情報、バンコクのお店情報等々・・・
大事なメールやら、ブックマークのページをEvernoteに保存しています。

私が使う使用量では無料のベーシックプランで十分だったのですが、
DocomoのAndroidを使っている人はプレミアムプランが一年間無料
いうメールが届き、プレミアムにするとオフラインでも使えるという、
旅先ではありがたい機能があるため、それじゃ、そうさせて頂きます。
ありがとうございます。と、無料アップグレードしてみました。

実は最近、姉が使っていたお古のAndroidタブレットをもらって、
Macがない部屋でソファでごろごろしながらSNSを見たり、ニュースを
読んだり、いろいろしていて、タダで貰ったタブレットに入れたEvernoteに
そんなサービスして頂いちゃっていいんですか?って思う次第。

そしたら、姉の友人がdocomoのタブレットの新しいやつもらったけど
前のタブレットの方が好きだからあげる、って新品をくれまして、
ちょっと小さめだけど軽いし、私、旅行にこれ持っていくわ!

本当は向こうでSIMを入れて使いたいのですが、docomoのSIMロック解除って
なんだかいろいろ制限があって面倒なので、これはWi-Fiで使えばいいかな、と。


私、長年Amazonのプライム会員でして(送料無料だから入ったらその後
プライム会員じゃなくても無料になったのでやめようと思いながら、更新月を
いつも忘れてそのまま今に至る)

プライム会員なんだからいろいろ利用させてもらうよ、と思うものの、
家でほとんどDVDを観ないからAmazonビデオを使ったことがなかったのですが、
タブレットがあるんじゃ、機内で映画観ようじゃないですか。


そして、プライム会員なら読み放題と書いてあったのでKindle Unlimited
をポチっとしてみたら、月額980円だったんです・・・

え〜〜!そんなの辞めたるわ!!でも締日まで利用しとかなくちゃ
と、読みたいものを探したら、ロンプラのLAOSがあって、これ買うと
2188円
だから元取れるな・・・
それじゃ、バンバン元取らせて頂きます!

2冊目のハノイガイドブック歩くバンコク2017-2018
ダウンロード。
Kindleもダウンロードしておけばオフラインでも読めるので、活用しまーす。
今までダウンドードしてまだ読んでいなかった本も入っているので、
暇な時は本も読める。
本もガイドブックも持たずに旅行なんて、昔は夢だったよ〜。

あとはプライム会員ならAmazonフォトを活用!
写真なら容量無制限なので、iPhoneの写真がいっぱいでiCloudをアップグレードしろ
ってうるさいから、Amazonフォトに落として(Macにも保存してるけど、いくつもの
安心策のため)iPhoneの写真は溜まると消しています。
Macから過去の旅行写真をCDやSDカードなどに保存してあったものもほとんど
Amazonフォトにも入れたので、10年前の写真もすぐに見ることができて、
便利便利!!


動画はAmazonフォトには入れられないので(Amazonドライブなら
可能だけど、すぐ容量オーバーになる)Googleフォトも利用してます。

iPhoneはラオスの第一到着地パクセーでSIM買ってメイン使いします。
移動中ここがどこかわからない時にGoogle mapって便利なのよね。

そんな便利なもののない頃、チェコからスイスに行く夜行列車がオーストリアを
通り抜けて行くのですが、途中でずーっと停車していて、オーストリアの地図
は持っていなかったし、いったいそこからスイスまでどのくらいの距離なのか、
あと何時間くらいかかるのか、全然わからないまま、6時間遅れたことが。
そしてその時は到着駅で友人と待ち合わせで、私は携帯をチェコの宿に置き忘れ
電話もできず、ひたすら到着を待ち続けたのでした。
今なら簡単にメッセージ送れるし、どこにいるのかも、あとどのくらいの
距離なのかもわかるわ。(宿にiPhone忘れたら結局使えないけど)


でも、道歩いてて地図とかいちいちiPhone立ち上げて見なくちゃならないと
面倒な時もあるから、紙ものももちろん使いますけどね。
ラオス語の指差し会話帳は12年前に買ったもの持っていくし。
(これはやっぱり現地の人と本を開いて指差し会話が便利だし)

毎年旅行の度にいろいろな便利なものが出てきて、それを使うか使わないかで
ずいぶんな差がでるので(もちろん使わなくても旅はできるけど)

私、もう年だから・・・とか
アナログ人間なのでコンピューターとか苦手で・・・とか
言い訳して逃げることのないように勉強勉強!

誰かにやってもらうからいいわ、ということができないのが一人旅なので。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ↑ ポチッ!
スポンサーサイト

Tag:ラオス タブレット Evernote Amazonプライム Amazonビデオ AmazonUnlimited

ラオスの旅、前半戦のシーパンドンから一旦バンコクへ戻って一泊し(27日)
翌日エアアジアでラオスの旅、後半戦のルアンパバーンへ移動(28日)を予定している
のですが、ここでひとつ気になる問題が。

プミポン前国王の葬儀が25日ー29日まで執り行われるそうで、
国中の人々が参列するであろうと言われ、王宮付近は相当な混雑が予想される

とのこと。

これ、随分前から予定が発表されていたようですが・・・
もういろいろ手配しちゃったし・・・
宿はいつものカオサンそばの寺裏だし、そこって王宮に近いのよね。

map.jpg

27日は早朝にバンコクのフアランポーン駅に着くから、宿まではそう遠くないし、
どんなに時間が沢山かかっても別にいいけれど、翌日がね・・・
ドンムアン空港発が14:30だから、カオサンからドンムアンまで行くのが問題。
渋滞するのは目にみえてて、でもどのくらいの渋滞なのか・・・

一番簡単なのはドンムアンまでどこかの旅行会社が出しているであろうミニバスで
行くこと。でも進まないだろうなあ・・・

次に考えたのがフアランポーン駅までトゥクトゥクで行って(小回りきくし)
フアランポーンからローカル線の旅。
これなら時間が読める。
Image-1.png

map2.jpg

ドンムアンがメインの空港だった頃、目の前にあるローカルな駅から
10バーツくらいだった?と(30円)思うけれど、ローカル列車に乗って
終着駅フアランポーンに行ったことは何度もある。
その頃は線路を渡ってホームに上っていた。
その後エアポートバスやタクシーを利用するようになっちゃったけど。

懐かしいけど面倒だし、ミニバスで行くつもりだったけど、
これもありかも。

どのくらい渋滞なのか、行ってみて様子を見て、宿の人に相談してから
決めることにします。

ホテルをキャンセルして、もっとドンムアンに近い宿に泊まるって方法も
あるけれど、前半戦ラオスに行く前にここに泊まって、要らない荷物を預けて、
一度戻って後半戦にまたいらない荷物を(トレッキング用の物)ここに置いて、
ルアンパバーンから戻ったらまた泊まる予定なので、そういうわけにもいかないのです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ↑ ポチッ!

Tag:バンコク ドンムアン フアランポーン 前国王葬儀

PH.jpg


昨年、旅先で羽織れるナイロンパーカーを長い間いろいろ試してきて、
ついにパタゴニアのキッズパーカーで終止符を
打ったつもりでおりました。

しかし、今回のラオスの旅で参加するつもりのTree top explore のトレッキング。
雨季の終わりのラオスだし、天気がちょっと心配。
雨具にBerghausとhacoのダブルネームのパーカーを持って行こうかと考えた
けど、南国にはちょっと厚めで嵩張るよなあ・・・着るかどうかわからないし・・・
かと言って、パタゴニアのキッズパーカーは雨には弱い・・・
う〜ん、どうしよう・・・

いろいろ調べていたら、軽くて、夏の冷房の冷え、春や秋の風の強い日、
そして雨からガードしてくれ、重ね着すれば冬でもオーケーという
便利で人気のパーカーがパタゴニアのフーディニ

これ一枚持っているとあらゆる場面に使えて、軽くて嵩張らないので
バッグにいつも入れている
という人も多い。

これだよ〜!!

というわけで、いつものヤフオクで落札しようかと思いましたが、
今回はメルカリで購入!(新品ですが、前のモデル)

ついに、これが長かったナイロンパーカーにおける長き戦いの最終章
なんではないかと、(今のところ)思っております。


でも、去年書いた記事の中の、新宿にこれ着ていけるか基準、これはどうだろうか・・・
う〜ん・・・^_^;

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ↑ ポチッ!

Tag:パタゴニア フーディニ ラオス トレッキング

旅行用のセームはこれがいい!

2年前にセーム(スイムタオル)について書きましたが、それから毎日のように使って
MIZUNOのセームはボロボロになってしまいました。

IMG_3858.jpg

そしてこれと日替わりで使っていたのが車用のセーム、AIONプラセーヌというもの。
こちらはそれに比べてまだまだ使えます。

IMG_3859.jpg

値段はMIZUNOの半額以下。
Amazonだと585円だけど、ホームセンターなら400円台です。
使い比べてみても吸い取りは遜色なく、大きさは若干大きく、
厚みも柔らかさもよし。
そして耐久性も良いとなると水泳用を買う意味がないなあ・・・

IMG_4306.jpg



IMG_4307.jpg



IMG_4308.jpg

車用のセームもいろいろあり吸い取りや使い心地が違うので、
別に宣伝でもなんでもないけど、これはオススメです。

使う時は濡らしてから使うこと。
そうしないとゴワゴワで使い心地も吸い取りも悪いです。

湿ったままポーチ等にしまうと雑巾臭が発生しますので、
乾かしてからしまうと良いです。


前に買ったマイクロファイバータオルはその後全然使っていません。
セームの吸水性の良さがやっぱり一番。
旅行用だけでなく、お風呂上がりに使うの便利ですよ〜。
どんなに雨が続こうがバスタオルが乾かない!なんて心配一切なしですから。

乾燥機があるからそんな心配ないわ、って?・・・(´ε` )

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ↑ ポチッ!

Tag:スイムタオル セーム 旅行用タオル

seamap.jpg



さて今度はバンコクーールアンパバーンの往復航空券の予約です。
Skyscannerで検索してみるとバンコク・エアウェイズとラオス航空とエアアジア
があるけれど、一番安いのはエアアジア。
エアアジアのサイトを見てみます。
行きが10月28日、帰りが11月4日、それぞれにポチっとして
バリューパック(20キロまでの受託無料手荷物と規定の機内食一食、座席指定、
エアアジア旅行保険)を加えると15357円
エアアジアの機内食なんてまずいし、1時間半のフライトに食事いらないけど
荷物が預けられないのは不便だし・・・手荷物7キロまでって行きは
バンコクにいらない荷物置いていけば平気そうだけど、帰りになんか
買って重さオーバーなんてことも嫌だしなあ・・・

エアアジアって毎日価格が変動するので、ちょっと様子見。
次の日16455円に上がって、また次の日16318円に下がり、
また翌日は16190円。
どうしようかな〜・・・
なんてやってたら、いきなり21415円に!
約5000円も上がった〜〜!!
その後はもう下がることもなく、21601円。
だめだこりゃ〜!!様子見するんじゃなかった〜!!
翌日は21741円。もう観念して予約しました。
諸経費プラスされて22369円。高い〜〜!!
東京ーバンコクが約3万円だっていうのに。
昔、ボルネオ行った時なんてエアアジアがまだ超安かった頃で、
マレーシアの国内移動が数百円でバスより安かった。
今じゃ、LCCの魅力なし。

ほんとはバンコク・エアウェイズに乗りたい。機内食美味しいし。
(エコノミーの機内食なんてどこもまずいから全然期待しないけど、
バンコク・エアウェイズはバナナの葉っぱに包まれたもち米があったりして
美味しかった)

ベトナム航空が16000円下がったので5000円上がったのは
よしとすることにします。

そして、後から気がついたけど、最初の価格はエアアジアが一番安かったけど、
価格上がった後はラオス航空の方が安かったよ・・・(往復18000円)

いつも最後の詰めが甘い・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ↑ ポチッ!

Tag:エアアジア

IMG_3850.jpg


往復の航空券は東京ーバンコクは押さえましたが、ラオスにはどうやって行くか?

ラオスは15日以内の観光旅行ならビザがいらないのですが、
私の予定は15日を若干上回ります。

アライバルビザを取らなくちゃならないな・・・

でも南部と北部への移動を考えると、パクセからルアンパバーンは夜行バス
っていうのも考えられるけれど、道路事情の悪いラオスだし相当キツイだろう。
ラオス航空を使う?パクセからビエンチャンしか飛んでない。
バンコクを挟んだらどうだろう?
そうすればビザはいらない。
バンコクからルアンパバーンなら航空会社も選べる。

そうだそうだ、そうしよう!

まず、南部シーパンドンにはバンコクから寝台列車でウボンラチャタニー
まで行き、その後バスで国境を越えてラオス、パクセへ。
(11年前もこの方法でいきました)
これ飛行機使う人が多いみたいですけれど、私、タイの寝台列車好きだし。
久しぶりに乗りたい〜♪

IMG_3849.jpg

最近ではタイ国鉄はネット予約ができるようになってるし。
(以前はカオサンの旅行会社のサイトでネット予約してた)
タイ国鉄のサイトを見ると、車両が新しくなっている!!
綺麗すぎてなんだかタイじゃないみたい。


パクセからその日のうちにシーパンドン(ラオス語でシーは4、
パンが千、ドンが島、4000の島という意味です。メコンの中洲に
4000の島があると言われているのです)の中のドン・コーン(コーン島)
に行き、そこで1週間くらい。
11年前に泊まったのはお隣のドン・デットだったので、
今回はドン・コーンに泊まろうと・・・

その後、参加したいツアーがあって、それはこれ!
Tree Top Explorer というジップラインで滝やジャングルの上を渡って、
トレッキングをし、ツリーハウスにステイするというもの。



これ、すごくない??
ものすごい高さのジップラインで滝の上だか前だかを通って行くみたい。
なんかヤバそうな吊橋とかあるし。

私、滝好きですので、滝満喫できることこの上なく、高いところは平気なので
大丈夫かな?と。
心配なのは安全性の問題。いい年して事故でもあったら笑い者に。
調べまくったところ、ジップラインのツアーではやっぱり死亡事故があり、
それは怖い!!でも、それは他の場所のツアーで、このツアー会社の企画は
ラオスにしては結構なお値段なので、安全性は高いらしく、レビューでも
かなりの高評価だし・・・
日本人の情報は3つくらいしか見つからないけれど。

2泊3日と1泊2日のツアーがあって、本当は2泊3日がいいのだけれど、
なんせ運動不足で体力に自信がなく・・・無理せず1泊2日にしておくべきか・・・

というわけで、まだ予約はしていないので確定ではないけれど、このジップライン
ツアーに参加した翌日の夜に、寝台列車でバンコクに戻って一日ステイ、
翌日、エアアジアで北部ルアンパバーン入りしようと思っています。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ↑ ポチッ!


Tag:ラオス シーパンドン 寝台列車

IMG_0884_201709210831383d4.jpg


さて、行き先は決めたので日程を考えます。
レギュラーの仕事の締め切りが、みな中旬なのでそれを避けるとして、
どこに何日にしようか・・・
いつものようにカレンダーを書いて(手描き。私、仕事で表を作ることが
ないのでエクセルとか持っていないし)どこに何日必要か考えます。
10月15日出発がいいかな・・・?(15日って中旬だな)

まず、どこから入るか?
ラオスに行く方法は直行便がラオス航空で成田ービエンチャンの直行便が
飛び始めたらしいですが、ビエンチャンは行かないし。
ベトナム経由で行くっていうのはどうか?と考えましたが、
バンコクで買い物して帰りたいからここは外せません。
やっぱり便数が多いバンコク便はそれだけ価格も安いし。

でも今回、ベトナムで作りたいものがありまして・・・
来年こそ、昨年キャンセルして涙したスペイン巡礼をしたいと、また、
ちょこちょこと装備を揃えているところで、シルクのトラベルシーツを
持っていくつもりでいるのですが、私が長年愛用しているものはシルクの
ジャガード柄のもので、ちょっと嵩張るのです。
とにかく荷物を軽く小さくするためには、本当はコクーンシーツ(それも虫除け仕様)
がいいのですが、何しろお高い。
今まで南京虫の出る所には泊まったことがないし、虫除け仕様でなくても
いいからとにかく小さくなるシルクのシーツが欲しい!
じゃ、ベトナム航空使ってトランジットでちょこっと街に出て、
シルク屋さんでオーダーメイドしてこよう!
(時間がなくて間に合わなかったら
生地だけ買ってきて自分で縫うし)

そこでベトナム航空のサイトで東京ーバンコクのチケットを検索してみた所、
53260円でした。
う〜ん、ちょっと高くないか?去年バンコク行った時は36800円だったし・・・
次に前にも買ったSuprice!で検索してみたら、47280円
キャンセル規定がベトナム航空とは違うものの、ちょっと安め。
ふむふむ・・・でも思ったよりも安くないな・・・少し考えよう・・・
これが先月の末。

その4日後、どうしようかな〜・・・今度はSkyscanner で調べてみたら、
あれ??Surprice! 安くなってないか??
もう一度、Surprice!で同じ条件で調べると、数日前と行きも帰りも同じフライトが
なんと!31340円に下がっているではありませんか!
16000円の差は一体何??

見比べてもよく分からないけど、安いから決まり!!
予約完了後、数日前のスクリーンショットと、予約票を目を凝らして見比べました。

null.png

すると、往路の成田ーホーチミンの予約クラスが、数日前はQだったのですが、
予約したのはAでした。

この違いが16000円。
Qだとマイレージが50%加算され、Aだとなし。
往路のこの区間だけなので、計算が苦手だからどのくらいの価値なのかわかりませんが、
私は16000円安を取る!
あとは、キャンセル料が若干違いますが、Surprice!で購入すると変更は一切不可なので
関係なく、安いほうがいい!
(キャンセルするとかなり大変なのでキャンセルになりませんように・・・)
キャンペーン割引で30840円でした。
ベトナム航空本当に安いよ。
トランジットも利用できるし、荷物だって40キロまで預けられて、食事もつくし、
LCCよりも絶対お得。

11月7日の14:10 ハノイ着、翌朝8:30発、これだと夕方ハノイ旧市街を
ぶらぶらして、ホテルに一泊して、翌朝早朝に空港に戻るという理想的な
トランジット!
しかも羽田着だし。

ベトナム航空最高〜♪


にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ↑ ポチッ!

Tag:ベトナム航空

RIMG0157.jpg


お久しぶりです。
また台湾旅行のブログも途中で放り投げてしまい、半年以上・・・
最後まで書けたことは短期のバンコクしかありません・・・だめな私。

中国の一帯一路政策のニュースを見るたびに、ラオスはどうなってしまうのか
心が痛んでいます。
国が発展してラオスの人々が幸せになるのなら、それはいいことです。
しかし、人の良いラオスの人々はただの金儲け主義の下敷きにされて、
ズタズタにされてしまうのではないかと心配しています。
すでに、北部の国境辺りは開発が進み、中国村となっていると耳にします。
一帯一路でメコン川に大きな船が通れるように川幅の狭い所や浅い所を掘削工事したら、
それまで何代も漁民として暮らしてきた人々はどうなるのだろう?
彼らに一体なんの恩恵があるのだろう?
とにかくラオスが変わってしまう前に行っておかなくては・・・
(行くだけで私にはなにもできないけれど・・・)

長いこといろいろあって、ようやく生活が落ち着いてきたし、
やっと長期の旅ができそうです。
でも昔のように気が向いたらさっと旅行に行くってことが簡単にはできなくなり、
今回もキャンセルせずに本当に行けるのか心配ですが・・・

前回ラオスに行ったのはもう6年前のこと。月日が経つのは早い!
前回は北部のルアンパバーンを中心にその近辺をぶらぶらと。
2泊3日のエレファントキャンプでマフート(象使い)体験をし、
(最近は1日乗っただけでもマフート免許がもらえるらしいよ。
そんなのあるの知らなかったよ。別に3日乗ったってパイ=進めとか、
パイクワ=右に曲がれとかいくつかの言葉を覚えただけだから。
象ぜんぜん私が言う事聞いてくれないし。
でもひとりで象の首に乗ってずっと歩くって素晴らしい体験だった)
お坊さんを辞めたばかりの少年と出会ったりホテルで勤めるラオス人女性と
一緒に水掛け祭りで飲んだり踊ったり
・・・

今回はどこに行こう?
しばらく考えていたのですが、タイ北部から2日掛けてルアンパバーンに着く
スロウ・ボートには乗ったことがないし、乗ってみようか?と、
昨年乗った友人にどうだった?暇だった?と、聞いたら、
同行者がいても暇だったというし、やっぱりそれほど魅力を感じないな・・・

Amazonでラオスの本の検索をしていたら、椎名誠のメコン・黄金水道をゆく
があったので、ダウンロードして読みました。
10年くらい前にこの本と同じ企画をテレビで放送してて、私が行った辺りだったし
興味深く見たのですが、細かい所をすっかり忘れてました。

南部シーパンドンの激流、危険なリーピーの滝の岩場にしゃがみ24時間体制で網を
手にして魚が入るのを待ち続ける親子の漁師。
その親の代もここでずっと岩場に張り付いて漁を続けてきたのだという(トップの写真の滝)
話がとても印象的で、そういえば、激流にかかったショボショボの橋を猿のように
渡っている人をみたけど、この漁師さん、まだ漁やってるかな?

よし!11年前に行った南部のシーパンドンにもう一度行こう!
行き損ねたところもあるし、もう一度見たいところもあるし。
そして、大好きなルアンパバーンは外せないので、南部と北部の2カ所に
行こう!

気持ちが固まりました。

RIMG0156_201709180757520f1.jpg

では、これからしばらくラオス旅行の予約からいろいろを書こうと思います。
最後まで書けるかどうかは自信がないですけれど。(無理だと言っておく)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ↑ ポチッ!

Tag:ラオス シーパンドン ルアンパバーン

朝食後、リンさんが案内してくれたのは台北から車で20分くらいで
行ける温泉保養地である北投(ペイトウ)。
台北駅から20分で温泉保養地に行けるなんてすごいよね、東京駅から20分で行ける温泉なんて
大江戸温泉物語とかラクーアとかでしょ。

IMG_2078.jpg

ここは約120年前に日本人が温泉宿を開き、その後ラジウムを含む北投石が発見され
戦前はハイカラな温泉保養地として栄えたそうです。
温泉マークだぞ。

IMG_1919.jpg

ここは1900年初頭に日本人が建てた真言宗の日本式のお寺「普濟寺」湯守観音が
祀られています。
中に入ると尼さんが「お茶を飲んでいきませんか?」と気さくに声をかけて下さり、
入れてくれたお茶は二種類で、ひとつは高級なものだそうで、香りがよく上品な味でした。


IMG_1916_convert_20170210034650 2

生えてる植物はやはり南国、沖縄と似てる。

IMG_2079.jpg

池みたいな地熱谷。地獄谷とは違う雰囲気。
湿気ムンムン。

IMG_2080.jpg

この建物は1913年にに公共浴場として建てられ、今は温泉博物館となっています。
こんなお洒落な公共浴場だなんて!
そしてここ入場料タダ。日本だったら400円は取るよ。

IMG_1937.jpg

テルマエロマエみたいなローマ風呂。

IMG_1936.jpg

日本にはこんな洒落た公共風呂なんてないぞ。

IMG_1932.jpg

その時代のマッチ箱のデザイン。かわいいね。

IMG_1934.jpg

2階には大広間があって、ちょっと道後温泉みたい。
今はここの舞台でラジオの公開放送も行われているそうです。



IMG_1939.jpg

ここは鼎泰豊の題字を書いた書道家の書道家・于右任が避暑地として過ごしていた邸宅。
大きな窓とバルコニーがいい雰囲気。
ここもモダンな和風建築。

IMG_1940_convert_20170210040534 2

IMG_1930.jpg

この建物は図書館。世界で最も美しい公立図書館ベスト25にも選ばれたことがあるそうです。
温泉街にお洒落な図書館て不思議な組み合わせだ。



北投には日本統治時代の面影が残り、一時期衰退したものの、現在は台北から
すぐに来られる人気の保養地となっており、今回は温泉には入らなかったけれど、
ここに泊まってゆっくり過ごすのも良さそう。

今回はとっても観光っぽい内容でした。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ↑ ポチッ!
台湾は朝食天国だと知り、行く前からここは絶対行ってみたい!
と思っていたのが「阜杭豆漿(フウハンドウジャン)」というお店。
ここは超人気店らしく、早朝行っても1時間待ちはざらだそうです。



翌朝6時にリンさんが車で迎えに来てくれました。
台北は日本統治時代に整備された道路が広くて、片側4車線とかざら。
名古屋とかみたい、東京にはあのような広い道路はないな。

「駐車場ってそばにあるの?」
「はい、ありますよ」
道路にパーキングスペースがあって支払いはレシートを持って行くとコンビニで
できるんですって。(レシートどこから出てきたんだろう?って今調べたら、
監視員がレシート挟んでいくらしい)
台北市内なのに駐車料金が1時間100円くらい!
なんて素晴らしい!

IMG_2022.jpg

(iPhone持って行くのを忘れてY子のiPhoneで撮ってもらった)
7時前だというのにすでにずらっと列ができていて、このぶんだと1時間待ちくらい?
リンさんのお友達のムーツも合流して話しながら待っていたら40分くらいで
店内に入ることができました。

IMG_2014.jpg

平日は出勤前にテイクアウトする人が多く、店内で食べる人は少ないそうです。
休日だったけど、席はすぐにキープできました。

IMG_2015.jpg

豆乳はあんまり好きではないのですが、鹹豆漿(シェントウジャン)は温かい豆乳にお酢や
醤油で味付けし、小エビ、ザーサイ、刻んだ葱、油條などの具が入っています。
お酢が入ることで若干固まった豆腐が(牛乳にお酢とかレモンとか入れると固まるあのかんじ)
ふるふるで、ごま油の風味がよく、美味しい!

IMG_2018.jpg


IMG_2021.jpg

奥の卵が挟まった薄餅夾蛋と蔥花鹹餅をY子とシェア、手前はリンさんが頼んだ油條を
焼餅で挟んだ焼餅油條。
カリカリの熱々です。
鹹豆漿とピッタリ!

満足満足、並んだ甲斐がありました。



にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ↑ ポチッ!
台湾から帰ってからやっていた仕事がようやく終わりましてこちらも更新
することができます。
間が開いてしまって、またいつものように悪いクセで書く気が失せつつありますが・・・
短期だったから書けるでしょう・・・多分・・・自信ないけど。

________________

びしょ濡れでギンギンの冷房に冷やされ、足は冷たく、夜市に現地集合の約束を
していたのですが、ホテルに戻って靴をなんとかしたほうがいいということに
なり、台北駅前のホテルに戻り、ドライヤーで乾かしてから寧夏夜市に行くことに
なりました。

リンさんがホテルに来てくれて、久しぶりの再会。
タクシーで寧夏夜市へ。

ni.jpg

寧夏夜市は食べ物屋さんだけの夜市だそうで、地元の人にも人気だと言いますが、
台北在住のリンさんは夜市は初めてだそうで「全然よくわからないよ〜」と。
東京の人が東京タワーに行かないとか、外国人旅行者に人気だという場所を
よく知らないとか、そんなもんだよね。

IMG_1903.jpg


IMG_1899.jpg

「何食べますか?」「う〜ん、何がいいかなあ?」
悩んでいたら、ビーフン屋さんがあって、
「これ食べますか?」と注文してくれました。

IMG_1898.jpg

イカ入りのスープ、出汁が出ていて美味しかったです。
ビーフンは普通。

リンさんは若くして旦那さんを亡くしてから精進料理を食べているそうで
屋台のジャンクフードは食べず、
「私はそこのお店でちょっと食べてくるね」

IMG_1900.jpg

これ、リンさんが食べてたビーフン入りのスープ。
漢方っぽいスープでした。

私が豆花、豆花言ってたので、そばの店で

IMG_1902.jpg

茹でピーナツと仙草ゼリーのトッピング、暖かい豆腐にシロップがかかってます。
う〜ん・・・シロップがイマイチ味が薄い・・・
(あとでわかったんだけど、寧夏夜市はそばに豆花の有名店、
豆花荘と古早味豆花があった!そこに行けば良かったが後の祭り)

IMG_1905.jpg

アボカドでかい!

IMG_1904_20170207064601759.jpg

こちらは愛玉(アイユイ)というゼリー。
真ん中の茶色い種を布袋に入れて水の中でもみもみし、その液を冷やすと
固まるそうです。
蜂蜜とレモンのシロップをかけて食べる。
食べなかったけど夏だったらさっぱりしたデザートにいいだろうな。

IMG_2007.jpg

これ、すごい不気味な形、バットマン系なかんじ。
菱の実です。あの三菱の菱(いや、三菱は菱形の菱か?)
へえ〜〜〜!!

IMG_2008.jpg

こうやってパカッと殻を開けて食べます。
お味はすごく難しいんですが、味的には茹でピーナツみたいな味で
食感が百合根とかくわいとかみたいな・・・栗ってよく書かれているけど、
栗ほど甘味はない。
ビールのつまみにピッタリ。
ちなみに、夜市ではビールが売ってないので、コンビニで買って行きましょう。
(そのつもりだったのにすっかり忘れて、リンさんがコンビニに奔って買って
来てくれた)

あと馬拉糕(マーラーカオ)みたいなカステラみたいなものの屋台があったので
あれ食べたいと戻って探したのですが、見つからず、リンさんが他の屋台に
聞いてくれても、そんなのないよと言われ、確かに見たよね〜・・・
しかし見つからず、諦めました。


せっかく行った夜市なんだからもっと食べろって?
そうなんだけど、私、残念ながら小食なんですね・・・



にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ↑ ポチッ!

あけましておめでとうございます。
皆様にとりまして平和で明るい一年でありますように。

台湾から帰ってからずっと忙しくて(師走っていろいろやること多過ぎ)、
お正月も仕事だったのですが、(ありがたいことです)大晦日の紅白の最中に
近所におせちのお裾分けに行き、階段を踏み外して足首逆に着地して
バキ!って音がしました・・・
元旦にERに行ってレントゲン撮ったら幸い折れておらず、
今日あたりからようやく痛みが引いてきました。
山用のトレッキングポール借りて歩いてます。
気がついたらもう10日、早かった、今年のお正月・・・

そんなわけでここも放置状態で・・・
続きいきます!

____________________

さて壁ドンバスを降りて、カッパを購入して着込み九份観光開始!

大雨なので地図とか見づらいし、iPhoneは防水タイプじゃないので
濡れちゃうから持ちっぱなしってわけにもいかないし、よくわからないまま
歩いていくと狭い小径の両脇にお土産屋さんや食べ物屋さんが並び、
九份てこういうところなのね・・・(旅行前ガイドブックとか読んでいたけど
頭に入らず、イマイチどんなところかわからず・・・)

私が行きたかったのは海が見える茶芸館。
海、見えないよね〜・・・・
IMG_1884.jpg

この辺り、誰も人がいなくて静かでいいかんじだったんだけど、
いかんせん大雨で散策の余裕なし。

IMG_1885.jpg

ここはお寺の屋根が気になって撮ったんですけど、あとからネットで
同じ場所の写真があって、晴れてたら屋根の向こうに海が見えたんだ〜!
ってちょっと驚き。
想像だけしてみて。向こうは海ですよ〜。

お土産ストリートは混んでるし、傘持ってて一々見る気にならないし・・・
するといい音色が聴こえてきて、見ると陶器のオカリナ屋さん。
私、長いこと陶芸やっているので、へえ〜、オカリナか〜・・・
と気になったのですが、デザイン的に欲しいものもなかったので買わず。

オカリナいいなあ・・・
って家に帰ってから、はっ!!そういえば持っていたな、オカリナ。
あれ、どこにいっちゃったんだろう?
持ってたけど吹き方わからなくて持てあましたんだった。
すっかり持ってたことさえ忘れてた・・・・
今ならネットで調べて吹き方わかるのに。
どこにしまったんだろう?捨てたかな??全然思い出せません。。。



お土産ストリートの一番果てに食べてみたかった芋団(正しい字が出ない)屋さん
がありました。

IMG_1887.jpg

ここは人気店で並ぶらしいのですが、誰もいませんでした。
温かいお汁粉をお店の奥にある眺めの良い席で食べられるそうなので・・・

IMG_1889.jpg

景色見えません。。。

IMG_1888.jpg

45元(約165円)黄色いのはサツマイモの団子、白っぽいのがタロイモの団子、
モチモチです。お味は台湾ですのでちょっと薄味。
食べきれるかな?って思いましたが甘すぎなかったので
ぺろっと全部食べられました。

IMG_1890.jpg

日本だと飴かなって思うけれど、これが芋団。

IMG_1891.jpg

お土産に買っていくんでしょうね。

IMG_1897.jpg

ここは違う芋団のお店。
気になるよね〜、おじさんのフードとハンチングの関係。


IMG_1881.jpg

まだ提灯灯ってないし。

IMG_1879.jpg

で、長い階段を下っていくとこの有名な提灯の景色。

前回書いたとおり、千と千尋観てないし、なんの思い入れもないので
ただ、ここがどんなところなのか、提灯がたーくさん灯っている幻想的な
町並みだとか?(提灯好き)それが気になったわけですが、
ここだけなのね、いわゆる九份のイメージって。
みんなこの横の高台から写真撮ってる。

大したことないぞ〜〜〜!!

晴れていたら印象違うのかもしてませんが・・・夜じゃなかったしね。
だってこの後もっと混むって書いてあるから、
さっさと帰りました。

九份残念・・・

観光地なのね、ものすごい。
江ノ島みたいなかんじね(行ったことないけど)
そのつもりで晴れの日に行ったら楽しめるかな?

でも、どんなところなのか知りたかったのでそれがわかって満足です。
わかった上でもう一度行ってもいいかな?晴れの日の平日に。

_____

帰りはバス停に行ったらすぐに台北への直行バスが来たのでそれで
帰りました。
しかし、ビチョビチョに濡れたデニムとスニーカーが効き過ぎの冷房
で冷え切り、辛かった・・・
そして市内に入ったら渋滞・・・19時にY子と台湾のお友達のリンさんと
待ち合わせの約束だったのですが、なかなか進まず。
一本で楽だったけど、帰りも電車のほうが時間通りに着いたかも。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ↑ ポチッ!